幸せのおまじない。結婚式にサムシングブルーを取り入れよう

幸せのおまじない。結婚式にサムシングブルーを取り入れよう

幸せのおまじない。結婚式にサムシングブルーを取り入れよう

結婚式にはさまざまなジンクスがあります。結婚式の日取りで、六曜(大安や仏滅など)を気にするのは日本独自のジンクスです。さて、結婚式を挙げる予定のある人なら「サムシングブルー」という言葉を一度は耳にしたことがあるかもしれません。今回は、サムシングブルーについてお話ししましょう。

目次

サムシングブルーはサムシングフォーのひとつ

サムシングブルーは「サムシングフォー」のひとつです。
サムシングフォーとは、花嫁が幸せになりますように…という願いが込められたヨーロッパのおまじないです。
結婚式の当日に「なにか新しいもの」「なにか借りたもの」「なにか古いもの」「なにか青いもの」の4つを取り入れることで、永遠の幸せが続くという言い伝えだそうです。
日本ではあまり知られていませんが、欧米諸国ではメジャーなおまじない&結婚式の演出になっています。

サムシングフォーの起源と由来

サムシングフォーは200年以上も前から花嫁の幸せを願って結婚式に取り入れられてきた演出であり、おまじないの1つであり、マザーグースの歌がもとになっていると言われています。

Something old, something new,
(なにかひとつ古いもの、なにかひとつ新しいもの)
something borrowed, something blue,
(なにかひとつ借りたもの、なにかひとつ青いもの)
and a sixpence in her shoe.
(そして靴の中には6ペンス銀貨を)

では、サムシングフォーをひとつずつひも解いてみましょう。

「Something Old」なにかひとつ古いもの

祖先、伝統などをあらわす。先祖代々伝わった、あるいは家族から譲られた宝飾品を当てるのが一般的だが母や祖母の結婚衣裳、または結婚衣裳に使われたヴェールやレース、リボンなどの飾りなどを使用することもある。

「Something New」なにかひとつ新しいもの

これから始まる新生活をあらわす。新調したものなら何でも良いが一般的には白いものを用意する。花嫁衣裳の一部である白いサテン製の上靴や長手袋などをこれに当てることが多い。

「Something Borrowed」なにかひとつ借りたもの

友人や隣人との縁をあらわす。幸せな結婚生活を送っている友人や隣人から持ち物を借りることにより、その幸せにあやかる。ハンカチやアクセサリーを借りるのが一般的である。

「Something Blue」なにかひとつ青いもの

聖母マリアのシンボルカラーである青、つまり純潔をあらわす。このサムシング・ブルーは目立たない場所につけるのが良いとされており、白いガーターに青いリボン飾りをつけたものを用意するのが一般的である。

以上の4つの青をひとまとめにしたものが、サムシングフォーというわけです。
祖先を大切にしながら、今後の人生に希望と光を求めているところが、すごく魅力的ですね。

結婚式に取り入れたい「サムシングブルー」

サムシングブルーだからブルーのカラードレスを着用する、というわけではありません。
基本的にサムシングブルーはさりげなく取り入れて行くことが大切です。

ここで海外のいろいろなサムシングブルーをご紹介しましょう。

ペディキュアをブルーに。

ブルーのアンクレットを付ける。

ドレスのリボンをブルーに。

靴のインソールをブルーに。

ウェルカムドリンクをブルーに。

もちろん、新郎がブルーを身に着けてもOK!

会場の装飾にサムシングブルーを取り入れるのも素敵ですね。
青いリボン、青いお花、青いグラスなどステキなアクセントになるはずです。
Something Blue (ハートチョコ) 52個セット
Something Blue (ハートチョコ) 52個セット

他にもたくさんある!
幸せのジンクスから生まれたアイテム&演出たち

サムシングフォーのほかにも、幸せのジンクスから生まれたアイテムや結婚式演出は数多くあります。少しだけご紹介しましょう。

アーモンドドラジェ

サムシングブルードラジェ
サムシングブルードラジェ

アーモンドの実を砂糖でコーティングしたお菓子のことで、日本ではゲストのお見送りなどで配るプチギフトとして人気です。もともとは紀元前二世紀、ローマの貴族であるファビウス家が結婚の内祝いや子供の誕生祝いとして町中に配ったのが始まり。アーモンドは枝にたくさんの実をつけることから、古くから「子宝にめぐまれる」と言い伝えられており、お祝いごとには欠かせないお菓子として愛されてきました。ヨーロッパでは「幸福のため」「健康のため」「富のため」「子孫繁栄のため」「長寿のため」との願いを込めて5粒を包むのが一般的です。

ブーケ&ブートニア

ブートニア グルームズマン ピンク
ブートニア グルームズマン ピンク

かつてヨーロッパで男性が愛する女性のもとへプロポーズをしに行くとき、野に咲いた花を摘み、女性に手渡し捧げたものがブーケの由来。そして女性が求愛を受け入れる証として、花束から一輪を抜いて男性の胸に挿したものがブートニアです。最近では、このプロポーズの儀式を取り入れた「ブーケセレモニー」も人気です。

フラワー&ライスシャワー


ハートイン フラワーピンク

挙式が終わって新郎新婦が教会から出てきたときに花びらをまくフラワーシャワーは、花の香りでまわりを清め、幸せをねたむ悪魔から新郎新婦を守るという意味があります。一方、お米をシャワーのように浴びせるライスシャワーは、「お米が豊かに実るように、子孫繁栄に恵まれますように」との願いが込められています。

ブーケトス

パラシュート ベアー
パラシュート ベアー

挙式後、花嫁が後ろ向きで女性ゲストへ向かってブーケを投げる演出のこと。ブーケを受け取った女性が次の花嫁になれると言われており、”幸せのバトンタッチ”の意味もあります。ブーケトスの由来にはいくつか説がありますが、14世紀のイギリスの風習が起源になったとされます。結婚式の参列者たちが祝福にあやかりたいと、花嫁のドレスを引っ張ったり、ブーケの花や小物を取り合ったりしたことから、その予防策としてブーケを投げるようになったそうです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加